試合

試合詳細

日程東大個人成績主な六大学個人成績

  • 2012社会人対抗戦

東京大学 1−6 三菱日立パワーシステムズ

2012/04/07(土) 晴 14:24〜17:00(2時間36分)@明治神宮野球場担当吉津 周平
第0週 第1日 第2試合 
0 1 2 1 0 0 1 0 0
東京大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
三菱日立パワーシステムズ
2 0 0 0 1 1 0 2

(東)●香取、中田、毛利、初馬−飯嶋、永井

(M)○門西、福田、井−前田、塩谷

門西(1試合1勝) 香取(2試合2敗)
頓所1号3ラン(M)
舘(東) 坂上(M)
飯嶋(東) 松井、池田(M)
永井、舘、森本(東) 小池、坂上、本間(M)
香取、中杉(東) 村山(M)
香取2(東) 

三菱重工横浜に敗戦。

震災の影響で2年ぶりの社会人対抗戦が行われ、東大は神奈川県社会人の強豪の三菱重工横浜に敗戦した。 東大先発の香取は初回に1死3塁から自らの悪送球で先制点を許すと、その後中杉の失策でピンチが広がり、適時打で2点目を失う。しかしこの後のピンチを連続奪三振で切り抜けると、球数は多い投球ながら、6回6奪三振で追加点を与えない好投を見せる。 すると、3回投手香取自らの安打で出塁し、飯嶋の犠打・中杉の安打で1死1・3塁を作ると、笠原の併殺崩れの間に1点を返す。 ところが8回、2番手中田が四球でピンチを招くと、救援した毛利が3ランを浴びるなど4点を取られ、大勢が決してしまった。 守っては永井の好返球で本塁刺殺など随所に良いプレーも見られたので、良い点は認め・悪い点の反省を活かし開幕に臨みたい。

[5] 笠原 4 0 1 1 0
[8] 西木 4 0 0 0 0
[9]2 永井 3 0 0 1 1
[7] 3 2 0 0 1
[3] 山本幸 4 0 0 2 0
[4] 成瀬 4 0 0 3 0
[1] 香取 3 1 0 1 0
1 中田 0 0 0 0 0
1 毛利 0 0 0 0 0
1 初馬 0 0 0 0 0
加藤 1 0 0 1 0
[2] 飯嶋 1 1 0 0 1
R9 森本 1 0 0 1 0
[6] 中杉 3 1 0 1 1
31 5 1 11 4
香取 6 4 6 2 2
中田 1 0/3 0 0 2 2
毛利 0 1/3 2 0 0 2
初馬 0 2/3 0 2 2 0
8 6 8 6 6

 

▲ ページトップへ