試合

試合詳細

日程主な東大個人成績

  • 2017春季オープン戦

白鷗大学 8−3 東京大学

2017/03/31(金) 曇 11:53〜14:23(2時間30分)@東京大学野球場担当中川 駿
白鷗大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学

(白)−

(東)●宮台、濱﨑、山下大、川口−森田、三鍋

宮台(3試合2敗)

ミスに泣く

白鷗大学とのオープン戦は、安打数こそ6で並んだものの、四死球や失策の差が点差に反映される試合展開となった。初回、安打と四球で走者を背負うと、失策の間に生還を許し2点を先制される。<白2-0東>。続く2回にも四球で走者を許すと、長打を浴びて2点を追加されてしまう。<白4-0東>。3回、4回は2イニング連続で三者凡退に抑え流れを引き寄せると、その裏、先頭の竹中(3年/修道)がチーム初安打で出塁、山田(4年/桐朋)も内野安打で続きチャンスを広げる。その後、2死2,3塁とし、森田(4年/学芸大附)の左前安打で竹中が生還、山田も本塁を突くが山田は本塁でアウトとなり1得点にとどまる。<白4-1東>。5回、6回も引き続き無失点に抑えるが、打線も得点の糸口をつかめない。すると、7回、先頭打者に死球を与えるとポテンヒットが適時打となる不運な形で追加点を奪われてしまう。<白5-1東>。続く8回には四死球で1,2塁のピンチを招くと3ラン本塁打を浴びて3失点を喫する。<白8-1東>。9回はこの回から登板の川口(3年/県長野)が三者凡退に抑える好投を見せるとその裏、2四球で得点圏に走者を置き、三鍋(3年/川和)、岩田(3年/国立)の連続適時打で2点を返す。<白8-3東>。しかし反撃もここまで。5点差をつけられての敗戦となった。

 

▲ ページトップへ