試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2017春季リーグ戦

立教大学 18−4 東京大学

2017/05/06(土) 晴 14:50〜17:34(2時間44分)@明治神宮野球場担当黒田 陸離
第5週 第1日 第2試合 学生応援数 立:929人 東:422人
1 0 3 7 2 6 1 0 3
立教大学 18 23
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学
1 0 0 1 0 1 1 2 1

(立)○田中誠、中崎、比屋根、宮崎−藤野、高田

(東)濵﨑、●柴田、川口、小林、山下大、溪−森田、三鍋

田中誠 柴田(4試合2敗)
田口1号2ラン、楠田1号ソロ(東)
吉田(立) 
笠松、藤野、高田(立) 杉本(東)
山根(立) 楠田(東)
寺山、松崎、大東(立) 宇佐美、杉本、山田(東)
田口(東)
溪、柴田、山下大(東)

惨敗

ゴールデンウィーク最終番の夏の気配漂う陽気の中で行われた立大1回戦は、投手陣が打者一巡2度、被安打23、18失点の大崩壊を起こし、田口(4年/西大和学園)、楠田(4年/桐朋)が本塁打を放つも空砲に終わった。両チーム無得点で迎えた3回表、ここまで無失点に抑えた先発・濵﨑(2年/鶴丸)に代えて2番手・柴田(4年/洛星)を投入する積極的継投策を展開するも、立大・3番松﨑、4番笠松に連続適時打を浴び2点先制を許す<立2-0東>。4回表には、2本の安打などでピンチを作り、ワイルドピッチ<立3-0東>、立大・9番田中誠の適時打<立4-0東>、さらに連打で満塁となって3番手川口(3年/県長野)にスイッチするも立大・4番笠松に走者一掃の適時二塁打<立7-0東>、続く5番飯迫にも適時打を浴び、打者一巡10人の猛攻を食らってこの回6失点<立8-0東>、既に一方的な展開になる。反撃したい打線はその裏、先頭の2番杉本(3年/金沢泉丘)が右中間を破る二塁打で出塁、さらに四球などで一死二三塁として5番楠田のセンターへの犠飛で1点を返す<立8-1東>。5回表に迎えた二死二塁のピンチでは、ライト前へ安打を打たれるも、ライト杉本が好返球でホームタッチアウトにするも、6回表にこの回から登板した4番手小林(2年/横浜翠嵐)が内野安打と四球などで一死一三塁とされ、立大・5番飯迫に適時打を浴び降板<立9-1東>、5番手山下大(2年/豊田西)が登板するも安打で満塁とされ、ファースト田口が一ゴロをホームに悪送球し二者生還<立11-1東>、さらに立大・8番藤野、9番代打髙取の連続適時打<立13-1東>、二死後立大・2番林田にも2点適時打を浴び、再び打者一巡11人の猛攻でこの回7失点<立15-1東>。何とか意地を見せたい東大はその裏、一塁に走者を置いて4番田口が右中間に本塁打を放ち一矢報いる<立15-3東>。山下大が7回表を無失点、8回表は6番手のリーグ戦初登板となった溪(3年/浅野)が三者凡退に抑える。その裏東大は1番宇佐美舜(3年/桐朋)、3番山田(4年/桐朋)の安打などで二死一三塁と好機を作るも無得点。9回表には溪もつかまり、途中出場の吉田純に適時三塁打<立16-3東>、こちらも途中出場の髙田に2点適時二塁打を浴びこの回3失点<立18-3東>。9回裏には先頭の5番楠田がレフトスタンドにリーグ戦初本塁打を放つも後続が続かず試合終了<立18-4東>。チームとして2年ぶりとなった1試合2本の本塁打が唯一の希望であるが、大量失点の前に焼け石に水となってしまった。明日の2回戦で投手陣がどう立て直すのか注目である。

[8] 宇佐美 4 2 0 2 0
[9] 杉本 2 1 0 0 1
H9 辻居 1 0 0 0 0
[6] 山田 3 1 0 0 1
[3] 田口 4 1 2 0 0
[7] 楠田 3 1 2 0 0
[5] 竹中 2 0 0 1 0
5 新堀 2 0 0 2 0
[2] 森田 2 0 0 0 0
2 三鍋 2 1 0 0 0
[4] 水島 2 0 0 1 0
H 岩田 1 0 0 0 0
1 0 0 0 0 0
H 佐藤 1 0 0 1 0
[1] 濵﨑 0 0 0 0 0
1 柴田 1 0 0 0 0
1 川口 0 0 0 0 0
H 廣納 1 0 0 0 0
1 小林 0 0 0 0 0
1 山下大 0 0 0 0 0
4 田畑 1 0 0 0 0
32 7 4 7 2
濵﨑 2 1 2 1 0
柴田 1 1/3 8 2 0 7
川口 1 2/3 4 0 0 1
小林 0 1/3 2 0 1 1
山下大 1 2/3 5 3 0 0
2 3 2 2 3
9 23 9 4 12

 

▲ ページトップへ