試合

試合

日程 |主な東大個人成績

  • 2017全国七大学総合体育大会

トーナメント表

第56回全国七大学総合体育大会、硬式野球の部(名古屋大学主管)が8/10(木)〜8/12(土)、刈谷球場とパロマ瑞穂野球場にて開催されます。中部東海エリア在住のOB、ファンの皆様のご来場、ご観戦お待ちしております。

  • 日程

会場第1試合第2試合第3試合
8/10(木)刈谷球場<1回戦>
東大 2−4 北大
<1回戦>
京大 5−9 東北大
<1回戦>
阪大 4−6 九大
11(金)パロマ瑞穂野球場<準決勝>
北大 3−7 名大
<準決勝>
九大 5−8 東北大
※8回打ち切り
<7位決定戦>
東大 中止 阪大
12(土)パロマ瑞穂野球場<7位決定戦>
東大 9−0 阪大
※7回コールド
<3位決定戦>
九大 0−11 北大
※5回コールド
<決勝戦>
東北大 2−5 名大
13(日)名大G<5位決定戦>
東大 4−0 京大

 

<変更情報>
  • 8/11(金)大阪大学との試合(@パロマ瑞穂野球場)は雨天のため8/12(土)第1試合に順延となりました。(8/11)
  • 8/12(土)の5位決定戦(@パロマ瑞穂野球場)は8/13(日)に順延となり、会場が名古屋大学グラウンドに変更されました。(8/11)
  • 要項

  1. 左が三塁側。先攻後攻は当日決定。
  2. 使用可能なバットは、木製または竹製、あるいはそれらを結合したものに限る。金属バット、カーボンプラスチックを使用したバットは使用不可とする。
  3. 指名打者制(DH)を認める。
  4. コールドゲームは5回以降10点差以上の場合と7回以降7点差以上の場合に適用し、降雨等により試合続行が不可能になった場合、5回を持って試合成立となる。但し、決勝戦では点差によるコールドゲームを採用しない。
  5. 1試合の制限時間は2時間30分(決勝戦のみ2時間45分)とし、制限時間になっても試合が終了しない場合、新しいイニングに入らず勝敗を決める。なお勝敗が決していない場合は次のイニングよりタイブレーク方式を採用する。
  6. 延長試合については9回終了時に勝敗が決していない場合、10回よりタイブレーク方式を採用する。
  7. タイブレーク方式については1死満塁から試合を行う。打順は監督の申し合わせにより任意に決定できる。一塁走者は打者の前位の者、二塁走者は一塁走者の前位の者、三塁走者は二塁走者の前位の者とする。代打、代走を起用してもよいが、通常のルールと同様、代打、代走を送られた選手は退いた形となり、代打者、代走者が打順を引き継ぐ。
  8. 雨天の場合は、上位校の順位を決定する試合を優先して行い、下位校の順位は抽選で決定する。

▲ ページトップへ