選手・スタッフ

選手からのメッセージ

無断転載・引用を禁止します。HPスタッフ

最新のメッセージ

1999東京六大学野球秋季リーグ戦

00/04/02更新

副将スガイのリーグ戦日記

10/28(木)「暖かいご声援、ありがとうございました」
10/19(火)「みなさんと喜びを分かち合いたい!!」
10/05(火)「Tomorrow is another day.」
09/30(木)「最後の慶応戦、絶対勝ちます!」
09/21(火)「少なくとも3つ以上勝ち点!」
09/14(火)「法政戦に全力を傾けます!」
09/07(火)「最後のリーグ戦が開幕します!!」
<ご注意>
このページの文章の無断転載を禁止します。

[暖かい声援、ありがとうございました] 10/28(木)

こんにちは、スガイです。

 立教戦が終わってわがチームは秋季リーグ戦の全日程を10連敗という形で終了してしまったわけですが、このことに関しては4年生として非常に責任を感じています。

 最後のシーズンを納得の行く形で終われなかったという悔しさもありますが、それよりも僕たちの代は遠藤をはじめ低学年のころから試合に使っていただいていた選手が多く、それだけに“今年こそは…”と期待をされていた方も多かったことと思います。そんな方々の期待に答えることができなかったのが何より悔しいです。本当に申し訳ありませんでした。

 しかし、この4年間を振り返ってみれば、胸を張れる事もあります。早稲田から勝ち点を奪ったときや法政明治に勝ったときの感動はきっと一生忘れないだろうと思います。この4年間、野球一筋に打ち込めたことは僕にとって何よりの誇りですし、これから生きていく宝物になると思います。

 今まで応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。みなさまの暖かい声援の中、神宮の杜でプレ-することができて本当に幸せでした。来年以降は僕も一東大ファンとして後輩たちの活躍を祈りたいと思います。

 新チームは酒井や井上、村野をはじめ、上級生になる児玉、野村、真鍋、増山、山口など神宮経験も豊富な頼もしい後輩がたくさん残っています。彼らはきっとこの冬厳しいトレーニングを積んで来春にはさらにもう一回り大きくなった姿を神宮で見せてくれることでしょう。そんな後輩たちの活躍を楽しみにしつつ、僕はバットを置こうと思います。いままで本当にありがとうございました。

1 スガイ
須貝謙司応援レター宛先 sugai@laser.t.u-tokyo.ac.jp

Fin.

Top



[みなさんと喜びに分かち合いたい!!] 10/19(火)

こんにちは、スガイです。

 最近めっきり秋らしくなりました。毎日グランドに出て練習していると、気候の変化に敏感になります。気温も最近は涼しいを通り越して、やや肌寒いくらいになりました。日の入りもずいぶん早くなってきて5時を過ぎるともうボールは見にくいぐらいです。

 秋季リーグ戦も第6週が終わり、各校とも残すは1カードずつとなりました。戦況は、ホームページに載っているとおり法政が勝ち点4で単独トップ、これにつづくのが勝ち点3で立教です。今週末のカードで法政が明治から勝ち点を奪えば文句なしで優勝ですが、もし勝ち点を落として立教が東大から勝ち点をあげますと、立教の優勝もしくは同率でプレーオフになります。

 この様な状況のもとでわがチームは立教と戦うことになります。もう優勝の望みがなくなってしまった東大としては、上位いじめに徹するしか楽しみはないと思うので、明治戦でのノーヒットノーランを始め、今までの8つの黒星のうっぷんを全て立教戦にぶつけたいと思います。もちろん、最終戦を迎えるにあたって、僕達4年生としましては個人的な感傷はありますが、それはここには書かないことにします。

 今年は例年にもまして観客席の入りが多く、とても嬉しいですし、やりがいもあります。その反面、観客数の多さは、その年のチームに対する期待の大きさを表すものだと思うので、その期待にお答えできていないことがとても悔しいです。不本意ながら今まで一つの勝ち星もお見せできていませんが、立教戦は必ずや勝ち試合をおみせします。学生の皆様、そして東大ファンの皆様、または単なる野球好きの方も、ぜひ週末は神宮の東大側応援席で勝利の喜びを分かち合いましょう!!

1 スガイ

Top


[Tomorrow is another day.] 10/05(火)

どうも、スガイです。第4週も終わり、立教の勢いは止まりません。選手みんながそれぞれ働いていて、まとまりのようなものを感じます。我がチームにも見習うべき点がありそうです。

慶応戦では、エース山本君が故障らしく、第1戦に先発した中村君を攻略できずにもう少しのところまで追い込みながらも逃げ切られてしまいました。

第2戦は渡辺君、長田君の両右腕に要所要所を締められて結局勝ち点を献上してしまい、また、4年間で全チームから白星を奪う という僕ら4年生の野望も崩されてしまいました。しかし児玉は初ホームランを打ちましたし、たけんども今シーズンはヒットを量産していて、調子よさそうです。スガイの調子はちょっとヤバイですけど…。

秋季リーグ戦今のところはチームもそして特に僕自身も悔しく不甲斐ないこと ばかりですが、そろそろいいこともあるでしょう。 とにかく、Tomorrow is another day.明治攻略に全力を傾けることで、 いままでの試合は忘れてしまいましょう。打倒明治!!スガイでした。

1 スガイ

(今回はちょっと元気がなさそうでした。明治戦へ向けて須貝選手に応援メッセージよろしくお願いします!応援ボードでもいいです!by スタッフ)

Top


[最後の慶応戦、絶対勝ちます!] 09/30(木)

どうも、スガイです。今週はうちは空き週のために試合はありませんでしたが、神宮の方では面白い展開になってきました。

まず、うちがこれから戦う慶応、明治がいまだに勝ち点ゼロ、ということです 。明治に関しては何と4連敗です。両校とも、かなりチームの状態は悪そうなのでうちにとってはチャンスです。

とりあえずは今週にあたる慶応ですが、山本君、中村君の両左腕をどう打ち崩すかがキーになりそうです。どんな作戦で臨むかはここでは言えませんが、なんとか攻略したいです。この両者の後ろにも、渡辺君、平井君、長田君、坂本君といい投手が控えているのでもちろん油断はできません。

僕個人としましては、トップバッターということもありチャンスをたくさん作ってクリ-ンアップに回したいです。また、もちろんチャンスに回ってきたらヒーローインタビューを狙います。あと、僕の高校の同期の成田裕治君(4年内野手)の出場機会もあったらいいな、と思っています。

どちらにしろ、慶応も東大戦では負けられないと必死で戦ってくると思うので、それに負けぬように目いっぱいやるだけです。慶応には4年間勝ってないので、特別な思い入れがあります。ぼくにとって最後の慶応戦、絶対勝ちます。応援、どうぞよろしくお願い致します。スガイでした。

1 スガイ
須貝謙司ファンレター宛先 sugai@laser.t.u-tokyo.ac.jp

Top


[少なくとも3つ以上の勝ち点!] 09/21(火)

法政戦は2試合とももう少しのところまで追い詰めながら、逃げ切られてしまいました。

好投した遠藤のためにもぜひ勝ってやりたかったです。遠藤はほとんど2試合投げきったようなものなので疲れが心配でしたが、この夏のトレーニングの賜物か、たいして疲れは残ってないようです。

この調子なら前に書いた、”エンドウ、エンドウ、…”もできそうです。あとは試合後にマッサージさせられている大口次第でしょう。(笑)

試合自体には負けてしまい、大変くやしいかぎりですがここはプラス思考で切 りぬけたいと思います。確かに負けはしましたが、チームのムード的にはうちのほうが上でした。

第1回戦もそうですが、特に第2回戦では遠藤が投げてからの7イニングはうちは1点も取られていないわけですし、うちは逆に2点もとったわけだし、さらにあと10点くらい入ってもおかしくないく らい、押していたような記憶があります。

チーム状態は悪くないのでこの調子であと3カード、少なくとも3つ以上勝ち点をとりたいです。

1 スガイ

Top


[法政戦に全力を傾けます!] 09/14(火)

 早稲田戦は力及ばず勝ち点を献上してしまいました。僕自身チャンスをいかせず、非常に悔しい思いです。しかし、チームの雰囲気は悪くなかったです。収穫もありました。

 2回戦で登板した1年生の浅岡(柏陽高)は、136kmまで出しました。これからの成長が楽しみです。

 まだリーグ戦は始まったばかり。つぎの法政戦に全力を傾けます。

1 スガイ

Top


[最後のリーグ戦が開幕します!!] 09/7(火)

 最後のリーグ戦もあと1週間足らずで開幕となりました。今シーズンは公私共に過去最高の成績をもって終わりたい、と切に思っています。

 特にチームは過去3シーズン最下位と不本意な成績が続いております。なんとか今年のメンバーをもって赤門旋風を巻き起こしたいと思います。メンバーの調子はかなりいいです。

 遠藤はかなり調子いいです。球のスピードもキレも春より上がったような気がします。ギャグのキレは相変わらずですが(笑)。彼もラストシーズンに燃えています。試合展開によっては”遠藤、遠藤、雨、遠藤”もやってくれると思います。

 丹羽もかなり調子いいです。今シーズンはバットでもかなり貢献してくれそうです。

 たけんど(仲戸川)も今シーズンにかける意気込みがかなり伝わってきます。彼が打たないとうちは勝てませんからね。四番の自覚もかなりありそうです。

 下級生もかなり成長してると思います。特に第二のエース井上や酒井、山口直、児玉、真鍋、野村などは入部したころと比べかなり頼りになる存在になってきたと思います。みんな、この夏がんばった結果です。

 僕もみんなに負けぬようにめいっぱいがんばります。僕が打てばチームに勢いがつくので、どんどん積極的に打っていきたいです。やはり、今までの中で最高の成績を出さないとこの夏頑張った意味がないですから。

 では、チームの目標を「六大制覇!」として、今回は終わりにします。

1 スガイ

Top


  トップページ

▲ ページトップへ