試合

試合詳細

日程東大個人成績

  • 2017社会人対抗戦

明治安田生命 0−2 東京大学

2017/03/25(土) 晴 14:00〜16:17(2時間17分)@明治神宮野球場担当黒田 陸離
第1日 第2試合 
0 1 1 1 0 0 1 0 0
明治安田生命
1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学
0 1 1 0 0 1 0 1

(明)●大久保、三宮、鈴木、小林−道端、森川

(東)○宮台−森田

宮台(1試合1勝) 大久保
山田1号ソロ(東)
大久保(明) 
竹中、水島(東)
浅木(東)
森田(東)

完封で初勝利

2017年度社会人対抗戦・対明治安田生命は、宮台(4年/湘南)が140球完封勝利を飾った。初回は両チームとも三者凡退、2回表に宮台が初安打を許すも三者連続三振を奪い相手を寄せ付けない。その裏に4番田口(4年/西大和学園)がチーム初安打を放ち、四球などで2死23塁のチャンスを作るも無得点。3回表には1死から二塁打と四球で12塁のピンチも後続を断ち先制を許さない。迎えたその裏に2死から2番山田(4年/桐朋)がライトスタンドへ本塁打。一振りで先制する<明0-1東>。ここから試合はリードを奪った東大ペースとなる。6回には1死から3番楠田(4年/桐朋)の安打と2つの四球などで2死満塁と追加点のチャンスも後続が凡退。7回表は1死から安打を許し、捕逸、三盗などで2死3塁と同点のピンチを招くもここも宮台が抑え流れを渡さない。その裏、無死から代打佐藤(4年/桐蔭学園)が四球で出塁、犠打と代走浅木(2年/学芸大附)の三盗で1死3塁とすると、1番宇佐美(3年/桐朋)の遊ゴロで三塁走者の浅木を迎え入れ貴重な追加点を挙げる<明0-2東>。宮台は8回、9回もランナーを出しながらも無失点に抑えて完封勝利。社会人対抗戦で記念すべき初勝利を挙げた。

[8] 宇佐美舜 4 0 1 2 0
[6] 山田 4 1 1 1 0
[7] 楠田 3 1 0 0 1
[3] 田口 2 1 0 1 2
[5] 竹中 2 0 0 2 0
H 磯野 1 0 0 1 0
5 新堀 0 0 0 0 0
[1] 宮台 2 1 0 1 2
[2] 森田 3 0 0 0 0
[9] 山本 2 0 0 1 0
H 佐藤 0 0 0 0 1
R 浅木 0 0 0 0 0
9 杉本 0 0 0 0 0
[4] 水島 2 0 0 0 0
25 4 2 9 6
宮台 9 4 9 4 0
9 4 9 4 0

 

▲ ページトップへ