試合

試合詳細

日程主な東大個人成績

  • 2017夏季オープン戦

金沢泉丘高校 24−5 東京大学

2017/08/27(日) 晴 10:01〜12:30(2時間29分)@石川県立野球場担当中川 駿
金沢泉丘高校 24 25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学 10

(金)−

(東)●松田、川出、横山−藤井

松田(8試合1S1敗)
笠原2号ソロ(東)
笠原、野村、藤井(東)
武隈(東)

投手陣崩壊

「金沢泉丘高校野球部創部110周年記念祝賀試合」として金沢に赴いて金沢泉丘高校と1年生中心のチーム構成で戦ったオープン戦だったが、25安打を浴び24失点、また3つの失策を犯すなど守りが崩壊し予想外の屈辱的な大敗を喫してしまった。打線ではスイッチヒッターの笠原(1年/湘南)が5打席全出塁と元気で、3回には夏季オープン戦第2号となる本塁打を左打席で放ち、8月18日の千葉経済大学戦で放った右打席での本塁打と合わせ両打席本塁打を達成した。また、杉本(3年/金沢泉丘)も2安打と母校相手に意地を見せた。 【1回ウラ】東大、石元(1年/桐朋)の適時打で先制<金0-1東>。【2回表】金沢泉丘、3安打に東大の失策が絡み2点を取り逆転する<金2-1東>。【3回ウラ】東大、笠原のソロ本塁打で同点に追いつく<金2-2東>。【4回表】金沢泉丘、打者一巡の猛攻で8点を勝ち越す<金10-2東>。【6回表】金沢泉丘、押し出しと東大のタイムリーエラーで4点を追加する<金14-2東>。【6回ウラ】東大、三塁打で出塁した藤井(2年/時習館)が内野ゴロの間に生還し1点返す<金14-3東>。【7回表】金沢泉丘、3連打で2点をあげる<金16-3東>。【7回ウラ】東大、三塁打で出塁した野村(1年/仙台二)が内野ゴロの間に生還し1点返す<金16-4東>。【8回表】金沢泉丘、ランニングホームランなど3本の長短打で4点を追加する<金20-4東>。【9回表】金沢泉丘、4つの四死球と適時打で4点をあげる<金24-4東>。【9回ウラ】東大、笠原の適時三塁打で1点返す<金24-5東>。

 

▲ ページトップへ