試合

試合詳細

日程主な東大個人成績

  • 2017全国七大学総合体育大会

北海道大学 4−2 東京大学

2017/08/10(木) 晴 08:28〜10:27(1時間59分)@刈谷球場担当黒田 陸離
第0週 第1日 第1試合 
東京大学 12
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
北海道大学

(東)●宮台、宮本−森田

(北)−

宮台(1試合1敗)
磯野(東) 

初戦敗退

合宿地の北海道室蘭市と打って変わって、猛暑の刈谷球場で行われた試合は、攻守に乱れが出て終始歯がゆい内容で惜敗に終わった。東大は初回幸先よく先制するも、その後の満塁のチャンスで追加点はならず。先発の宮台(4年/湘南)は一巡目を無安打に抑えたが、3回に失策絡みで2死12塁とされたところで、左中間へ適時二塁打を浴び逆転を許してしまう。援護したい打線は3回以外全て安打を放つものの、牽制死など拙攻もありあと一本が出ない。6回表、内野ゴロの間に同点に追いつくも、その裏に2死23塁から宮台のワイルドピッチで勝ち越しを許してしまう。7回裏には、2番手の宮本(2年/土浦一)が3本の安打を浴びダメ押しの1点を奪われ万事休す。相手を上回る12安打を放ちながら11残塁と拙攻が目立ち、七大戦4連覇は初戦で夢と散ってしまった。 【1回表】東大・森田(4年/学芸大附)の適時打で1点先制<東1-0北>。 【3回ウラ】北大・2点適時二塁打で逆転<東1-2北>。 【6回表】東大・山田(4年/桐朋)の内野ゴロの間に同点<東2-2北>。 【6回ウラ】北大・暴投で勝ち越し<東2-3北>。 【7回ウラ】北大・適時打で1点追加<東2-4北>。

 

▲ ページトップへ