試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2019春季リーグ戦

東京大学 0−7 法政大学

2019/04/13(土) 晴 11:04〜13:43(2時間39分)@明治神宮野球場担当柳田 海 
第1週 第1日 第1試合 学生応援数 東:664人 法:657人
0 0 0 0 1 0 0 0 1
東京大学
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
法政大学
1 1 1 2 0 1 0 1

(東)●宮本、坂口、小林大、平山、小林瑶、柳川−大音

(法)○三浦、石川、朝山−渡邉

三浦 宮本
福田2、渡邉、舩曳(法)
毛利、伊藤、三浦(法)
宇草、片瀬(法)
山下朋(東) 
渡邉(法)

新ユニでの初陣を飾れず完封負け

平成31年度春季リーグ戦・開幕戦は昨秋の王者法政大学と戦った。 相手投手は昨年から主戦投手として優勝に貢献した三浦投手。 初回は変化球主体のピッチングに押され三者凡退に終わる。 東大の先発は宮本(4年/土浦一)。 ワンアウトからヒットと四球で満塁とし、犠牲フライで先制を許してしまう。 直後の2回表、すぐに反撃したい打線は、武隈(3年/鶴丸)が四球で塁に出るも、併殺打で得点には結びつかず。 2回裏は守備の乱れもあり、宮本がKO、初登板となった坂口(4年/日比谷)が好リリーフを見せた。 しかし、3回から登板した小林大も立て続けに点を奪われ4回終了で0-6と大差をつけられてしまう。 打線は5回表、代打青山がようやく今季初ヒットを放つも、3投手の前に2安打に終わり、完封負けを喫した。 4投手が初登板を果たした投手陣だが、12四球とリズムに乗れなかった。 一夜明けて迎える2回戦は打線の復調に期待したい。

[9] 梅山 3 0 0 1 0
H 井上 1 1 0 0 0
R 宇佐美尭 0 0 0 0 0
[6] 笠原 4 0 0 1 0
[8] 辻居 3 0 0 1 1
[7] 3 0 0 2 0
[3] 武隈 2 0 0 1 1
[2] 大音 3 0 0 0 0
[5]4 山下朋 1 0 0 1 0
H 青山 1 1 0 0 0
R4 有賀 0 0 0 0 0
H4 1 0 0 1 0
[1] 宮本 0 0 0 0 0
1 坂口 0 0 0 0 0
H 安田 1 0 0 0 0
1 小林大 1 0 0 0 0
1 平山 0 0 0 0 0
H 水越 1 0 0 0 0
1 小林瑶 0 0 0 0 0
1 柳川 0 0 0 0 0
[4] 早川 0 0 0 0 0
H5 石元 3 0 0 1 0
28 2 0 9 2
宮本 1 2/3 2 1 4 1
坂口 0 1/3 0 1 1 0
小林大 4 4 3 3 3
平山 1 0 0 1 0
小林瑶 0 2/3 1 0 1 1
柳川 0 1/3 0 0 2 0
8 7 5 12 5

 

▲ ページトップへ