試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2019春季リーグ戦

慶應義塾大学 10−4 東京大学

2019/05/04(土) 曇一時雨 14:08〜17:19(3時間11分)@明治神宮野球場担当柳田 海 
第4週 第1日 第2試合 学生応援数 慶:516人 東:435人
0 0 2 0 2 2 0 3 0
慶應義塾大学 10
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学
2 0 1 0 0 0 0 2 0

(慶)○高橋佑、津留崎、石井−郡司

(東)小宗、●坂口、宮本、平山、柳川、田中啓−大音、松岡

高橋佑 坂口
福井2ラン(慶) 岡3ラン(東)
中村(慶) 
嶋田、正木(慶) 安田(東)
瀬戸西、中村(慶) 
郡司、渡部(慶) 
小宗(東)

令和の初戦を落とす

元号が令和に代わり心機一転臨んだ慶大戦、東大の先発は早大2回戦に引き続き小宗(2年/私立武蔵)が務めた。初回から小宗は3四死球と制球に苦しみ、一死満塁となるが、ここは併殺で切り抜ける。1回裏、一死から山下朋(4年/東海)、辻居(4年/栄光学園)が出塁すると、岡(3年/小倉)がスリーランホームランを放ち、4番の一振りで先制に成功する。援護をもらった小宗だが、3回表に2本のタイムリーと犠牲フライで3点を失い、同点に追いつかれる。4回表、四死球で無死一二塁のピンチを作ったところで、小宗はマウンドを降り、坂口(4年/日比谷)が後を継ぐ。犠打で一死二三塁となり、迎えるは相手の4番・郡司。絶体絶命のピンチだったが、サードライナーゲッツーとなり何とか勝ち越しを防ぐ。ここは何とか踏みとどまったものの、5回表、2死満塁から柳町に勝ち越しタイムリーを許しリードを奪われると、中盤以降は救援陣が打ち込まれ2ケタ失点となった。打線は8回青山(4年/広島学院)のタイムリーで一点を返すのみに終わり、令和の初戦もあえなく敗戦した。投手陣は計17四死球を与え連盟ワースト記録となった。

[9] 梅山 3 0 0 2 0
H 青山 1 1 1 0 0
6 辻村 0 0 0 0 0
[5]4 山下朋 3 1 0 0 1
[8] 辻居 3 1 0 1 1
[7] 4 1 3 3 0
[3] 武隈 2 0 0 0 0
H3 井上 2 0 0 2 0
[2] 大音 3 0 0 2 0
1 柳川 0 0 0 0 0
1 田中啓 0 0 0 0 0
H 森末 1 0 0 0 0
[4] 早川 2 0 0 2 0
H5 石元 1 0 0 1 0
[1] 小宗 1 0 0 1 0
1 坂口 0 0 0 0 0
H 水越 1 0 0 1 0
1 宮本 0 0 0 0 0
1 平山 0 0 0 0 0
2 松岡 1 0 0 1 0
[6] 2 0 0 1 0
H 安田 1 1 0 0 0
9 土井 0 0 0 0 0
31 5 4 17 2
小宗 3 0/3 2 1 10 3
坂口 2 2 1 2 2
宮本 0 2/3 2 1 3 2
平山 1 1/3 2 1 0 2
柳川 1 2/3 1 3 2 1
田中啓 0 1/3 0 0 0 0
9 9 7 17 10

 

▲ ページトップへ