試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2020春季リーグ戦

東京大学 4−5 慶應義塾大学

2020/08/10(月) 晴 11:00〜13:41(2時間41分)@明治神宮野球場担当玉村 直也
第1週 第1日 第1試合 
0 0 0 1 0 2 3 1 1
東京大学
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
慶應義塾大学 2X
1 0 1 0 0 1 0 0 1

(東)−

(慶)−

勝利まであと1イニングもサヨナラ負け

真夏の春季リーグ戦の開幕戦、慶應義塾大学戦は大接戦となった。先発マウンドに上がったのはリーグ戦初登板の井澤(2年・札幌南)。初回こそ2点を失ったものの、安定感のあるピッチングで5回を3失点にまとめ上げる好投を見せた。井澤を援護したい打線は相手先発投手の関根の前に5回まで1安打無得点に抑えられる。試合が動いたのは6回表、1アウトから代打の中井(2年・土浦一)がライト前ヒットを放つと、笠原(4年・湘南)もフォアボールで出塁、その後2アウト2,3塁のチャンスで石元(4年・桐朋)が追い込まれながらもライト前に運び2点を返した。続く6回裏、2番手の小宗(3年・私立武蔵)が無失点に抑える好投を見せると、迎えた7回表、先頭の武隈(4年/鶴丸)がライト前にヒットを放ち、大音(3年・湘南)の送りバントで1アウト2塁のチャンスを作ると代打の水越(3年・明和)が左中間にツーベースを放ちついに3-3の同点とした。その後2アウト3塁で中井が2打席連続のヒットを放ち4点目、逆転に成功する。7回裏からマウンドに上がった平山(4年・栄光学園)は2イニングをパーフェクトに抑える投球を見せるも、追加点は奪えず。そして4-3のリードで迎えた9回裏、2017年秋以来のリーグ戦勝利まであとアウト2つと迫るも、フォアボールとエラーによりサヨナラ負け。勝利を掴み取ることはできなかった。この悔しさは明日晴らすしかない。 https://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2020s&gd=2020-08-10&gnd=1&vs=TK1

 

▲ ページトップへ