試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2020秋季フレッシュトーナメント

東京大学 1−5 慶應義塾大学

2020/11/11(水) 晴 12:49〜15:08(2時間19分)@明治神宮野球場担当田中 平祐
第0週 第3日 第2試合 
1 0 3 0 0 1 1 1 0
東京大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
慶應義塾大学 10
1 0 1 1 3 2 2 0

(東)−

(慶)−

連敗

秋季フレッシュトーナメント2戦目となった慶應義塾大学戦は、中盤に引き離され敗戦した。先発マウンドに上がったのはOP戦を含めた大学初登板が神宮のマウンドとなった三田村(1年・奈良学園登美ヶ丘)。初回に1点を失うも堂々としたピッチングを披露し2回を1失点に抑える。なんとか得点を奪いたい東大は3回、昨日に引き続いてのスタメン出場となった阿久津(2年・宇都宮)が安打と盗塁でチャンスを作ると、4番に座った松岡泰(2年・東京都市大付)が執念の適時内野安打を放ち同点に。そのまま勢いに乗って得点を重ねたい東大だったが、その後はチャンスは作るも相手投手陣に阻まれ追加点はならず。中盤に長打を集められ複数得点を許し、そのまま敗戦となった。この試合結果によりBブロック2連敗となった東大はフレッシュトーナメント最終日となる明日、法政大学との5,6位決定戦に回る。この2試合で登板した8人全員が神宮初登板である中粘りの投球を見せるフレッシュな投手陣と、リーグ戦や昨年のフレッシュリーグでの経験を持つ野手陣の全員野球で、最下位脱出を目指す。 https://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=rookie&s=2020a&gd=2020-11-11&gnd=2&vs=TK0

 

▲ ページトップへ