試合

試合詳細

日程東大個人成績主な六大学個人成績

  • 2010秋季新人戦

立教大学 1−8 慶應義塾大学

2010/11/05(金) 晴 12:50〜14:52(2時間2分)@明治神宮野球場担当管理者
第1週 第3日 第2試合 
立教大学
決勝戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
慶應義塾大学 12

(立)●平原、高田、紺谷、佐藤勇、矢部−山田

(慶)○金子、竹林、山形−阿加多、黒須、山中

金子(1試合1勝) 平原(2試合2敗)
鈴木裕(慶)
福富、山崎錬、金子2(慶)

慶大が立大を下し優勝

慶大が立大を投打で圧倒的に上回り、9季ぶり12回目の優勝を決めた。慶大は初回に山崎錬の犠飛、阿加多の適時打で幸先良く2点を先制すると、その後も打線がつながり3回までに7点を奪った。投げても先発・金子が6回をパーフェクトに抑える好投を見せた。立大は慶大投手・金子の前に成す術がなく敵失に乗じて1点を取るのが精一杯だった。

 

▲ ページトップへ