試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績主な六大学個人成績六大学応援席数

  • 2004秋季リーグ戦

東京大学 1−18 慶應義塾大学

2004/09/18(土) 晴時々曇 11:03〜14:14(3時間11分)@明治神宮野球場担当細谷 敦史
第2週 第1日 第1試合 学生応援数 東:185人 慶:103人
1 0 1 0 2 0 0 1 0
東京大学
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
慶應義塾大学 18 25
1 2 2 6 4 4 5 1

(東)●松家、重信、大西、近藤、鈴木雅−升岡、渡邉、山田

(慶)○合田、守口、川口−岡崎、齋藤

合田(1試合1勝) 松家(3試合1勝2敗)
結城秀1号ソロ、中村1号2ラン、小西1号ソロ(慶)
塩谷、福田(慶)
太田、池田(東) 松橋、池辺(慶)
重信(東) 合田、杉吉(慶)
野村(東) 中村、松橋、青池、宮田3、金森宏(慶)
杉岡、有馬(東) 結城秀(慶)
大西(東) 
渡邉、升岡(東) 
安打を放ち唯一の得点、有馬選手

投壊で初戦落とす

東大は5投手が、六大学記録まであと1本となる25安打を浴び18失点、打っても杉岡の適時打による1点に抑えられ、大敗を喫した。初回、3回と走者を得点圏に進めながら先制点を挙げられずにいると、3回まで5安打を浴びながら1点に抑えていた東大先発松家が慶大打線に捕まり、打者13人、2本塁打を含む6安打で大量7点を失い、試合の主導権を完全に慶大に与えてしまった。打線は、何度となくチャンスは作るものの決定打が出ず、9残塁。序盤の大量得点に守られた慶大投手陣に好投を許した。

池田 竜馬(神宮初安打となる二塁打を放つ)
今日は大差がついてしまいましたが、そんな中、最後まで熱い声援を送っていただき有難うございました。明日はそれに応えられるよう、そして勝ち点をとれるよう頑張りたいと思います。

三角 裕
今日は序盤の先制機を逃してしまい、相手に流れをやってしまった。しかしこれだけやられると、逆に気持ちの切り替えができると思うので、明日はしっかりと戦い、連勝で勝ち点を取る。

[左] 荻田 2 0 0 1 0
打左 黒江 2 0 0 1 1
[中] 太田 4 1 0 1 0
[二] 杉岡 4 1 1 2 0
[右] 藤熊 3 0 0 2 1
[捕] 升岡 3 0 0 0 0
渡邉 0 0 0 0 0
池田 1 1 0 0 0
野村 0 0 0 0 0
木下 0 0 0 0 0
[遊] 北野 3 0 0 1 1
[一] 前原 3 0 0 1 1
鈴木雅 0 0 0 0 0
[三] 有馬 4 1 0 1 0
[投] 松家 1 1 0 0 0
重信 0 0 0 0 0
木曽 1 0 0 0 0
大西 0 0 0 0 0
近藤 0 0 0 0 0
山田 1 0 0 0 0
32 5 1 10 4
松家 3 2/3 11 1 4 3
重信 1 1/3 4 2 0 2
大西 1 4 1 0 3
近藤 1 5 1 1 3
鈴木雅 1 1 0 1 1
8 25 5 6 12

 

▲ ページトップへ