試合

試合詳細

日程東大個人成績

  • 2016春季社会人対抗戦

JX-ENEOS 15−1 東京大学

2016/03/26(土) 晴 11:00〜13:42(2時間42分)@明治神宮野球場担当中川 弘毅
第0週 第1日 第1試合 
0 1 1 1 1 0 3 0 0
東京大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
JX-ENEOS 15 11
0 0 3 1 1 3 2 1

(東)●柴田、有坂、三鍋、三木、出田、吉川−喜入、下雅意

(E)江口、○北原、船本−日高、石川

北原 柴田(1試合1敗)
渡邊3ラン、2ラン(E)
若林、糸原(E)
若林、糸原、塩見2、百瀬(E)
喜入(東) 
下雅意(東) 

嗚呼四球

JX-ENEOSとの社会人対抗戦は安打数だけを見れば7対11と大差は無いが、スコアの上では1-15と大敗に終わった。14個もの与四死球が重くのしかかる形となった。 [1回表]山田右飛、田中・山本克連続三振で三者凡退。[1回裏]東大の先発は鉄腕柴田。打たせて取る投球でこちらも3人で抑える。[2回表]5番田口がチーム初となる右安を放つも、3つの三振を奪われ得点ならず。[2回裏]4番谷田成吾から三振を奪うなど3者凡退に斬って取る。[3回表]2死から1番山田が中安も、後続が断たれ無得点。[3回裏]1死から2者連続四球で走者をため2番渡邉に本塁打を浴びる。その後も相手打線が繋がり更に1点を失う。<東0−4J>。[4回表]先頭の3番山本克が右安で出塁も、併殺を奪われるなど3人で攻撃終了。[4回裏]2番手有坂がマウンドに上がる。クリーンナップから2三振を奪うものの、4与四球と本塁打で4失点を喫する。<東0−8J>。[5回表]JX-ENEOS投手交代。先頭・代打森田が右安を放つが、代走岩熊が盗塁失敗。3人で終わる。[5回裏]3番手三鍋に投手交代。2四球で得点圏に走者を背負うと、1番若林晃弘に適時二塁打を打たれ1失点。<東0−9J>。[6回表]9番に佐藤、2番に宇佐美と代打攻勢に出るも3者凡退。[6回裏]4番手三木が登板。2四死球、3安打と相手打線が繋がり、3点を奪われる。<東0−12J>。[7回表]先頭山本克が2安打目となる右安で出塁すると、田口の左安、守備から出場の6番平野の死球で満塁となり、打席には代打岩田。初球をレフト前に運び、代走桐生が生還。東大初得点。<東1−12J>。[7回裏]東大投手交代。5番手出田がマウンドに。四死球と安打、犠飛で2点を失い、更に四球を与えたところで投手交代。6番手は吉川。犠飛で1点を失うもその1点で抑える。<東1−15J>。[8回表]1番からの好打順も3者凡退。8球で終わる。[8回裏]2死から3番糸原に安打を許すもその後続を断ち無失点。[9回表]4番から始まる攻撃も、3人で斬って取られる。試合終了。<東1−15J>。

[6] 山田 4 1 0 1 0
[8] 田中 2 0 0 2 0
H8 宇佐美舜 2 0 0 0 0
[5] 山本克 3 2 0 1 0
R5 桐生 1 0 0 1 0
[7] 楠田 4 0 0 1 0
[3] 田口 4 2 0 0 0
[9] 山本修 1 0 0 1 0
[9] 山本 1 0 0 1 0
H 森田 1 1 0 0 0
R 岩熊 0 0 0 0 0
9 平野 1 0 0 1 1
[4] 水島 2 0 0 2 0
H4 岩田 1 1 1 0 0
[2] 喜入 1 0 0 0 0
H2 下雅意 2 0 0 0 0
[1] 柴田 1 0 0 0 0
1 有坂 0 0 0 0 0
1 三鍋 0 0 0 0 0
H 佐藤 1 0 0 0 0
1 三木 0 0 0 0 0
H 齋藤 1 0 0 0 0
1 出田 0 0 0 0 0
1 吉川 0 0 0 0 0
32 7 1 10 1
柴田 3 3 2 3 4
有坂 1 1 2 4 2
三鍋 1 1 0 2 1
三木 1 3 0 2 3
出田 0 1/3 1 0 3 3
吉川 1 2/3 2 0 0 0
8 11 4 14 13

 

▲ ページトップへ