試合

試合詳細

日程東大個人成績主な六大学個人成績

  • 2005春季新人戦

慶應義塾大学 8−3 法政大学

2005/06/01(水) 晴 10:59〜13:52(2時間53分)@明治神宮野球場担当細谷 敦史
第1日 第1試合 
慶應義塾大学
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
法政大学

(慶)梅本、相澤、○秋庭−金森

(法)●松浦、嶋田、長江、堀、能勢−上野、金平

秋庭(1試合1勝) 松浦(1試合1敗)
難波1号3ラン(慶) 
森本(慶) 谷中2、嶋田、金平(法)

慶大快勝で準決勝進出

先制は法大。初回、谷中の適時二塁打で1点を先制した。慶大は3回までパーフェクトに抑えられていたが、4回に森本が適時打を放ち同点とすると、5回に石黒の犠飛と深海の適時打で2点、6回に松嶋の適時打で1点追加した。粘る法大はその裏、連続二塁打で1点返すと、さらに岩島の適時打で1点差とした。しかし7回、2者連続で失策の走者を出すと法大3番手の長江が崩れ、この回四球2、暴投4を与え、さらに難波の3点本塁打で4点を失った。この後7回から登板の秋庭が法大打線を0に抑えて、慶大が準決勝進出となった。

 

▲ ページトップへ