試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2018春季フレッシュリーグ

東京大学 7−5 慶應義塾大学

2018/06/02(土) 晴 09:00〜11:00(2時間0分)@明治神宮野球場担当玉村 直也
第8週 第1日 第1試合 
4 1 4 0 0 0
東京大学
1 2 3 4 5 6 RHE
慶應義塾大学
0 1 1 0 1 2

※連盟規定により6回打ち切り

(東)○濵﨑、奥野−加見

(慶)●杉原、井上怜、関谷−植田響

濵﨑(1試合1勝) 杉原
谷口、若林(慶)
伊津野、宇佐美尭、有賀(東) 角谷、長門2(慶)
笠原2(東) 植田響2、多田(慶)
植田響(慶)
井上(東) 

フレッシュリーグ今季初勝利

フレッシュリーグ2戦目、対慶應大学戦は連盟の時間規定にも助けられ、逃げ切り勝利を果たした。先制打を含む2安打4打点の石元(2年/桐朋)を中心に2年生野手の活躍が目立った。一方投手陣も先発の濵﨑(3年/鶴丸)が8四死球を与えながらも5回を3失点にまとめる粘りのピッチングを見せた。最終回となった6回には奥野(1年/開成)が、神宮初登板とは思えない堂々たるピッチングで慶応打線の猛追を振り切り、勝利に大きく貢献した。守備陣も1試合目に引き続き無失策とこちらも収穫となった。残る3試合でも勝ち星を積み重ね、最下位脱出、上位進出を狙う。

[9] 伊津野 2 1 1 0 1
[8] 宇佐美尭 2 1 0 1 1
[4] 笠原 2 1 0 0 2
[D] 井上 3 0 1 1 0
[5] 石元 4 2 4 1 0
[3] 川出 4 1 1 0 0
[7] 武隈 3 2 0 0 0
[6] 有賀 2 0 0 2 0
[2] 加見 2 1 0 1 1
24 9 7 6 5
濵﨑 5 3 5 8 3
奥野 1 2 2 2 2
6 5 7 10 5

 

▲ ページトップへ