試合

試合詳細

日程主な東大個人成績

  • 2019全国七大学総合体育大会

名古屋大学 10−0 東京大学

2019/08/14(水) 晴 09:30〜11:05(1時間35分)@福岡県営春日球場担当神﨑 萌絵
第1日 第1試合 
名古屋大学 10 10
1回戦 1 2 3 4 5 RHE
東京大学

(名)○松田、杉山−井上

(東)●平山、西山、山下大−加見、澁谷

松田 平山
鈴木2ラン(名) 
宇佐美(東)

完敗

七大戦の初戦、名古屋大学との一戦は投手陣が踏ん張れず、5回コールド負けを喫した。初回、先発の平山(3年/栄光学園)は先頭打者に四球を許すと、続くバッターに犠打を決められ、その後2連打で先制を許す。追いつきたい東大はその裏、先頭の山﨑(2年/岡山朝日)が右前安打で出塁するも、後続が打ち取られ得点できず。2回表、遊失で先頭打者に出塁を許すと、ヒットで追加点を奪われ0-4に。2回裏、四球で加見(3年/甲陽学院)が出塁、続く宇佐美(3年/桐朋)がレフトオーバーの二塁打を放つも、加見がレフトからの返球に阻まれ本塁憤死。3回表、再び先頭打者に四球を許し、犠打と安打で5点目を奪われたところで西山(1年/土浦一)に投手交代。しかし、西山も名大打線を抑えることはできず、3連打を浴び2失点。3回裏、何とか出塁したい東大だったが相手先発松田投手を捉えることはできず三者凡退。4回表、ヒットと遊失で出塁を許し、1死1、3塁とされると1塁走者盗塁の間に3塁走者生還を許し、8失点目を喫する。1点でも返したい東大は4回裏、先頭の川出(3年/刈谷)が左前安打で出塁するも後続が抑えられこの回も無得点。5回表は山下大(4年/豊田西)に投手交代し流れを変えたいところだったが、いきなり死球などで1死2塁とされると、続くバッターに左越本塁打を打たれる。コールドは避けたい5回裏だったが、交代した相手投手の前に三者凡退を喫し、5回コールドで敗戦した。次戦の5位決定戦では、昨年の七大戦で3位決定戦で敗れた東北大学との対戦となる。今年こそ勝利して帰京したい。

 

▲ ページトップへ