試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2019秋季リーグ戦

慶應義塾大学 10−0 東京大学

2019/09/22(日) 曇一時雨 13:44〜16:31(2時間47分)@明治神宮野球場担当柳田 海 
第2週 第2日 第2試合 学生応援数 慶:303人 東:209人
3 1 0 1 5 1 1 0 1
慶應義塾大学 10 13
2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学
0 2 0 0 1 1 1 1 0

(慶)○森田晃、増居、高橋亮−郡司、福井、郡司

(東)●坂口、宮本、小林大−松岡、大音

森田晃 坂口
福井ソロ(慶) 
正木、下山(慶) 
柳町、森田晃、下山(慶) 
福井(慶) 
角谷(慶) 
高橋亮2(慶) 

連日の大敗

慶應義塾大学2回戦は、昨日大敗した悔しさを晴らしたいところだったが、連日の二ケタ失点で2連敗となった。先発坂口(4年/日比谷)は初回から一死二三塁のピンチを背負い、慶大の4番・郡司を迎える。ここで今季初スタメンの宇佐美(3年/桐朋)のファインプレーが飛び出し、郡司を右直に打ち取る。何とかゼロで切り抜けたかったが、正木にタイムリーを浴び、2点を先制される。坂口は2回にも1点を失い、いまいちピリッとせず。東大は2回裏、石元(3年/桐朋)、梅山(3年/四日市)の連打でチャンスをつくるが、山下朋(3年/東海)が併殺に倒れる。坂口は3回でマウンドを降り、4回は宮本(4年/土浦一)が登板するも、福井に本塁打を浴び、点差は4点に。これ以上取られまいと5回からはエース・小林大(4年/横浜翠嵐)を投入するが、慶大打線の猛攻を浴び6失点。5回でゲームが決まってしまった。 小林大は6回から立ち直り、4イニングを0点に抑えた。打線は5~8回にかけて毎回安打を出すも、得点に結びつけることはできず、完封負けとなった。次週は空き週となるので、もう一度、切り替えて早稲田大学戦に臨む。

[8] 辻居 3 1 0 1 1
[6] 新堀 4 0 0 0 0
[7] 武隈 3 0 0 1 0
7 土井 0 0 0 0 0
H 井上慶 1 0 0 0 0
R 辻村 0 0 0 0 0
[3] 青山 4 0 0 3 0
[5] 石元 4 2 0 1 0
[9] 宇佐美 0 0 0 0 0
H9 梅山 2 1 0 0 0
H9 2 1 0 1 0
[4] 山下朋 1 0 0 0 0
1 小林大 1 0 0 0 1
[2] 松岡 1 0 0 0 0
4 笠原 2 1 0 0 0
[1] 坂口 0 0 0 0 0
H 山﨑 1 0 0 1 0
1 宮本 0 0 0 0 0
2 大音 2 0 0 0 0
31 6 0 8 2
坂口 3 4 0 1 3
宮本 1 1 0 0 1
小林大 5 8 7 4 6
9 13 7 5 10

 

▲ ページトップへ