試合

試合詳細

日程順位表東大個人成績六大学応援席数

  • 2019秋季リーグ戦

立教大学 6−1 東京大学

2019/10/14(月) 雨 14:07〜16:51(2時間44分)@明治神宮野球場担当柳田 海 
第5週 第3日 第1試合 
0 1 1 1 4 3 0 0 2
立教大学 12
1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 RHE
東京大学
2 0 1 0 0 0 2 0 1

(立)○田中誠、赤塚、宮崎−藤野

(東)●小林大、大久保、宮本−大音

田中誠 小林大
金川ソロ(立) 
太田英(立) 
藤野、宮2(立) 
太田英、田中誠(立) 
笠井(立) 青山(東)

小刻みに点を奪われ、初戦を落とす

秋季リーグ戦も後半戦に突入。台風による順延を経て月曜日に行われた立大1回戦だったが、 あいにくの雨模様の中試合が始まった。 東大は初回から先頭辻居(4年/栄光学園)が安打を放つと、岡(3年/小倉)も内野安打で出塁し 一死一二塁のチャンスをつくる。 ここで、4番・青山(4年/広島学院)、5番・石元(3年/桐朋)が続けて倒れ得点はならなかった。 東大の先発・小林大(4年/横浜翠嵐)は初回を三者凡退でおさえるが、二回は失策も絡み二死一二塁とされると 藤野の今季初安打となる先制打を浴びる。 小林大はその後も3回、5回、6回に小刻みに失点を許し、5失点で降板。 打線も田中誠の前に初回以降は得点圏にランナーを進めることができない。 再びチャンスが訪れたのは7回。 青山、石元が連打で出塁すると、大音(2年/湘南)のサードゴロが失策を呼び1点を返す。 が、後続が倒れ反撃はここまで。 9回にもダメ押しのホームランを浴び1-6で敗戦した。 これで開幕から7連敗となり、最下位脱出のためにはあとがなくなった。 明日の2回戦、総力戦で勝利をもぎ取る。

[8] 辻居 4 1 0 0 0
[4] 笠原 4 0 0 0 0
[7] 4 1 0 1 1
[3] 青山 4 1 0 0 0
[5] 石元 4 2 0 0 0
[2] 大音 3 0 1 1 0
H 武隈 1 0 0 0 0
[9] 梅山 3 0 0 1 0
H 井上慶 1 0 0 0 0
[6] 新堀 3 0 0 1 0
[1] 小林大 1 1 0 0 0
H 水越 1 0 0 0 0
1 大久保 0 0 0 0 0
H 宮﨑 1 0 0 1 0
1 宮本 0 0 0 0 0
34 6 1 5 1
小林大 6 10 1 3 4
大久保 2 0 3 2 0
宮本 1 2 1 0 1
9 12 5 5 5

 

▲ ページトップへ